Translate

2016/02/24

ウミセミ


人生ある程度生きてくると、信じてもらえない事が増えてきます。

まあ、その内、自分も忘れてしまいますが時々、何かの拍子に思い出して話すと、また信じてもらえないんです。

最近の事で(とは言っても3年前)防波堤で目撃したカワセミの事です。

カワセミと言っても分からない人がいるかも知れませんが川で小魚を捕まえる小鳥?
雀くらいで川にダイブして魚を、、、とる鳥です。







別に鳥に詳しいわけではないですが、昔、東京の野川公園で散歩の時よく見かけた鳥です。

写真愛好家の人もよく写真を撮りにきていたので、便乗してそこの場所で来るのを待っていた事もました。

とにかく蒼く輝く美しい鳥です。
小さな青い物を防波堤で見つけた時はその鳥とは思わず、何だろう?と気にしながら、鳥か???青い鳥???ぐらいの思いでした。

それでもカワセミとは思ってません。
それ程、海には似合わない鳥なんです。
思い切って釣りを止めて近づいた時10メートルくらいになって、まさか、と思いました。

あのカワセミでした。
防波堤の淵に止まって海にダイブして魚を捕まえた瞬間でした。
そして呑み込みました。
しばし、、、呆然。カワセミが、、、ウミセミになった瞬間でした。

それから数十秒してカワセミは陸の方へ飛んで行ったのです。

その事を知り合いに話した時、あ、そう。「よっぽど腹減ってたんじゃね」、、、その程度でした。「お前になんか話すんじゃなかった~~~」という思いで悔しかったんです。

どちらにしても専門家が「たまに、そうゆう行動もとる事がある。」と
言ったら身も蓋もない話で終わってしまいます。

でも、ネットで調べても結局わからなかったです。信じてもらえない、、、というより余り関心がなかった話???なの?かな? 
  
              Part 2 へ続く












0 件のコメント:

コメントを投稿