Translate

2016/02/21

糖質制限は危険というのは本当に科学なのか

2015年の6月から私自身が糖質制限を始めながら自身の記録として9ヶ月間糖質制限と向き合っています。
始めの頃は半信半疑で始めた糖質制限ではありました。
-------------------------------------
糖質制限をする前の自分の自己紹介です
私は59歳で肥満体です。169㎝、体重約90kgです。
10年前の49歳の時、健康診断で医師から「あなたは後、10年の命です」と宣告されて10年生き延びました。
近くの山の中腹にある神社の階段を半分くらいまでしか登ることが出来ませんでした。
(動悸がひどくなり呼吸するのが精一杯でした)
食事の時間の間隔が4時間以上あけることが出来ませんでした。
(すぐ空腹になって差し込みのような痛みがあり、食べると治るというものでした)
悪玉コレステロール値が380ありました。(コレステロール阻害薬を飲んでいた時は200位まで下がっていました)
血圧の上の方が150〜160ありました。
糖尿病予備軍と医師から言われました。
食事の内容ですが好き嫌いは無いです。あえて言うなら肉はあまり好んで食べない方です。
(野菜炒めの時にバラ肉が入っていたり、カレーの時に肉が入っているのは許容範囲ぐらいの感じで焼肉とかは食べません)
お米が大好きで普通のおかずでドンブリご飯です。
1日4食でした。もちろん間食(おやつ)もありです。
------------------------------------------
その後4ヶ月間、糖質制限したら20kg減になった自分の自己紹介です
誤解があるといけないので、どうゆう糖質制限だったかというと実は完全な糖質抜きというわけではありません。
主に主食を抜いただけのものです。肉食をしていたわけではないんです。
例えば野菜炒めとソイプロテイン、ホエイプロテインだったり、野菜スープとミックスナッツだったりです。
最初はゆで卵も食べたりしてたんですが、すぐに飽きてしまいソーセージ卵炒めだったりとか、糖質が結構含まれている食品も普通に食べていたんです。
逆に肉そのものは、たまに唐揚げくらいでステーキとか焼肉とかは一度も食べてません。
お米やパンや麺類を食べなかっただけです。
正直言って毎日ステーキとか焼肉食べれるほど金銭的に余裕ないです。
まあ、よくよく考えてみると炭水化物をたくさん食べた方が経済的ですね。
体の状態
一番驚いたのは空腹感がなくなった事でしょうか。
空腹時の差し込むような痛みも無くなりました。
悪玉コレステロール値は288ですが善玉コレステロール値がかなり上がってきています。
血圧は上の方が110から120くらいです。
糖尿病の傾向は一切ないと言われました。
皮膚が綺麗になってきた事です。
実は足の甲のところが日焼けで黒くなったままで3年位その状態だったのが、すっかり肌色に変わったんです。
それと体重減について
最初の3ヶ月は本当にこんなに体重が減って大丈夫なんだろうか?って思いました。
その時はそのまま60kgまで一気に減るんだと確信したんです。
でもでも途中で止まりました
73kg位から急に減らなくなったんです。
その後3kg減るのに3ヶ月掛かったんです。
そしてその後、1キロ減るのに1ヶ月半かかって今ようやく69kgになったばかりです。
普通体重の人が糖質制限しても肥満の人ほどの体重減はありえないと思ってます。

---------------------------------------------------------
結論を言うのはまだ先の事です。
でも今言っておきたい事があるんです。
数日前に糖質制限の危険性についての記事が出ていましたが、程度の低さにがっかりしました。
糖質制限の第一人者が亡くなったとの記事でしたが、私はその人の事は詳しく知りません。
ですが、年齢とか色々と似ている部分が多々あるんです。
はっきり言って私は糖質制限で見た目も健康になりましたが、30年肥満を続けてきた私が本当の健康を取り戻したんでしょうか?
動脈硬化も治ったんでしょうか?(まあ、自慢できることではないですが)
----------------------------------------------------------
糖質制限というのは、一つの事象であって、科学する者がこれは良い事、悪い事で言い争う?
白か黒かどちらかに決めようとするなんて頭おかしいのか?と思うのは私だけでしょうか?
「なになに悪影響を及ぼす可能性があります」こんな無責任などっちとも取れるような言い訳がましい!!!
日本人は本当にどっちかに決めないとダメみたいな性質を持っているようです。(本当に危険な発想です)
----------------------------------------------------------
本当にあった話です
今月初めにクリニックで血液検査を受けに行った時の事です。
月初で混んでいたんです。
一応予約制なのでどうって事もないんですが、いつもは最初に血圧を測り、しばらくしてから診察なんです。
その日はいきなり呼ばれて血液採取でした。
準備が整った所で、看護師さんが、思い出したように血圧、、、と言ったんです。
血液採取がその場で血圧計で血圧を測る羽目になったわけです。
なんと血圧が165だったんです。そして血液採取です。
それが終わってから私はそんなに血圧が高かったことは一度もないと看護師さんに言って測り直してもらったんです。
血圧は120でした。
そうなんです。私は注射が苦手でドキドキ状態で血圧が上昇したんです。
もしその時、私が心臓麻痺でも起こしたら糖質制限のせいにされるんでしょうか?
この程度で人の体は影響を受ける弱いものなんです。
過度のストレスをいつも受けている人なんてザラにいるわけです。
なんとかダイエットのせい?とか理由付けしたいのは有名人だから?でしょうか?