Translate

2016/02/24

一度壊れたサイトですがタイトル変えてやり直ししてみます

自分の未熟さからサイトを壊してしまって、どうしたらいいのか迷っていました。
まあ、壊したっていう意味ですがテンプレートを新しくしようと思い一度記事を移動させて戻したんです。(パーマリンクの崩壊)
これって絶対やってはいけないことなんです。
全然気付かずにいたってことは素人丸出しでした。
--------------------------
でもその後にどうするかで対応がまた違ってくると思うんです。
正直な所、サイト作りはもう辞めようとも考えたんですが、辞めるという理由も見つかりませんでした。
結局サイト自体は別の所へ移りましたのリンク先を張ってラベルごとに小さく分けて作りました。
まだ記事数が少ないのでぼちぼち増やした行こうと思ってます。
一度壊れたサイトでまた記事を書くというのは、ちょっと未練がましい〜って思ってしまうのはいけないことなんでしょうか?
男として考えると別れた彼女とヨリを戻したい、みたいな感情でしょうか?
-----------------------------------
でもサイトってノートみたいなところがあって、まだ書くことができるなら使うのが普通な感情ですよね。たぶん(自信ないですけど)
生まれた時代がフィイルムカメラで写真を撮って、なんて事を長く経験してると今の時代はデジタルで写真をどんなに撮っても簡単に削除できるんですから良い時代になったと思います。
(今こんな話をすると同年代の人からも相手にされない時代になりました)
-------------------------------------------
こうゆう事って性格が出ると思うんです。
まず、自分が使う道具(工具)なんかは良いものを長く使う。
大げさかもしれないですが一生使う物みたいな感じですか。
なんとも言えない味が出てくるんです。愛着も。
こんなのも性格が絡んでるんでしょうか?





-------------------------------------------------------------
物を捨てられない感情ってあると思うんですが、これって、ちょっと、厄介ですよね。
もらい物なんかは特にそう思います。
捨てたいと思っても、くれた人に申し訳ないような感情があったりして。
もっと厄介なのが自分が一度気に入った物で今は使わない物でしょうか?
いつか使う時があるかも知れないって思ってしまうんです。

捨てるという行為は自分の身を切る行為と同じように感じる、というのを前に読んだ事がありますが、、、
まあ、そんなもんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------
このサイトは復活するのを願って、また頑張ろ〜と思います。