My Instagram

©️Health care. Powered by Blogger.

一般に肥満は糖尿病予備軍

2015/7/26

YouTubeで参考した炭水化物制限で何が起こるか?
タイトルは老化(動脈硬化)の本質という事です。

今、自分が実際にやっているダイエットで特に健康に害を及ぼす事は無いようです。むしろ健康に向かっている。が、絶対大丈夫の保証も無いようです。

去年の88キロの時の写真、、、
中央ウエスト部分が膨らんでいるのが分かりますか?
体型が樽の形、、、
下に物を落としても腹が支えて拾う事ができない、、、

あと、一ヶ月後に68キロ以下になったら、同じ場所に行って写真を撮る予定です。

今75キロだが、それでも結構こんなに違うの?くらいのインパクトあります(笑)
実際、仕事のスタッフ達が病気してる?と噂していたようです。

一般に肥満は糖尿病予備軍とも言われていますが、自分は違うと思いたいのが心情というものかと、でも体が少しでもバランスを崩してしまうと、、、あっという間に、、、そういうことがあちこちで起きているのも現実でしょうか?

炭水化物制限をするとインスリンがでない→糖尿病予備軍にとって天の恵み→しかもインスリンは老化の本質原因なら若さまで保てる→すべていいとこ取りになります

自分で自分の写真をみても、これは本当の自分ではないと思いたくなる(笑)
ぶかぶかのTシャツを着ても腹の辺りでピチピチになってくる、、、

一番目立つのが、、、やっぱり顔かな?小顔になる、、、メガネがピチピチ状態から普通に掛けられるように、、、顔と首の境目がなかったのに、、、今はあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015/7/28



昨日から今日にかけて、YouTubeで糖質制限について調べていましたが、、、
その時間、12時間以上になってしまいました。

何故?そんなにYouTubeを見る事になったかというと10年前の健康診断の時に、あなたの生存率は10年以内と脅されたことがあったからです、、、

その時はメタボ状態と血糖値が高かった為、糖尿病の入り口に入っていたことが原因と思っていましたが、、、その後、市立病院で検査した結果は大事はないが、そのままだと糖尿病になる確率は100パーセントに近いとの事でした。
実際は10年後で糖尿病にならなかったけれど、予備軍のままでした。運が良かった?

「糖尿病になってしまうと、完全に治すことはできません。」と言う文言に絶句。
実は前回の血液検査で糖質制限食後の一ヶ月後AIC/NGSPは下がっていました。
まだ肥満の域から脱していませんが、、、1ヶ月後には必ず脱する予定でいます。
その時の検査が待ち遠しいです。

YouTubeでも糖質制限をする事は選択肢の一つとされていますが、自身が実践しながら確信を持って進めている医師もかなりいるようです。

血糖値が上がってコントロールが難しくなると糖尿病ですが、、、それに対してどのような対処をするのかが明暗を分けるようです。インスリンを外から注入するか、膵臓にインスリンを出させるようにする薬を飲むか、、、どちらしか選べない?

とにかく薬で血糖値を下げてしまおう?、、、薬害?の心配は?
インスリンは血管を老化させボロボロにしてしまうので合併症のリスクは高いと思いますが。

もともとの血糖値を上げる要素そのもの、糖質(炭水化物)を食べないという選択肢を選んだら、どうなるのでしょう?
物凄いシンプルな話ではないか、、、。。。と思います。。。