Translate

糖質制限で見えてきたもの



欧米の一流企業で肥満不可という記事も、前までは人権侵害と思っていましたが、今は少し理解できます。
早い話、自己管理を放棄している喫煙者や肥満の人に仕事を管理できないという事は、、、確かにわかります。
痩せようとしても自分にあったダイエットができない人、上手くいかない人、、、肥満者にとって辛い現実かもしれません。
糖質制限を始めてから見えてきたもの
メタボに最適なのは過食がないこと。
過食がないというのは、実際に経験しないと分かりづらいが、とにかくすぐにお腹が空かない事が多いです。
炭水化物はすぐお腹がすくが、肉や魚介と葉野菜だとお腹が空きづらい。

極端に言うと2ヶ月前の自分は食パンにごはんを挟んで食べていたようなものです。
完全に炭水化物中毒なんです!!!

糖質制限を始めると食事の内容がここまで変わってしまいます。というぐらい激変します。

ーーーーーーーーーーーーーー

糖質制限ダイエットも人によって見識が違っていても、糖尿病治療で糖質制限をしている人もいれば、ボディビルダーの人が体脂肪を減らすために糖質制限している人もいます。

糖質制限というと甘いものを食べないくらいに思ってる人や、むしろ危険としている人までいます。
この見識の違いはどこから来るのでしょうか?

日本糖尿病学会では「勧められない」と提言しているようです。まあ、親分が言っているから、、、そうなのか?と思ってしまう人もいるかもしれないし、迷ってる人もいるかもしれません。

定説というものがイコール真実ではない事が多いという事実。

卵の黄身はコレステロール値を上げるので沢山食べてはいけないという話、、、
百年以上前にロシアで行われた実験でウサギにタマゴを食べさせたらコレステロール値が上がったという実験。
今頃になって間違いでしたなんて(今でも信じてる人が多い)


三大栄養素には炭水化物を入れているが必須栄養素には入っていないということの意味は?
三大栄養素「炭水化物・タンパク質・脂質」で何か欠けてもダメという定説があるが決まってバランスが大事としている。

糖質制限では炭水化物を極限まで食べないとしている人が結構多いですが

炭水化物を極限まで食べないという選択でも、超健康体を保っている人がいるようなんです。
炭水化物を悪者にできないという理由は沢山ありすぎますが、でも逆もたくさんあるという事実です。
どれも本当に困ってしまうし、個人レベル、企業レベル、国家レベルまで行ってしまいます。

どっちにしても、ハッキリしちゃ、ダメレベルなんです。