Translate

2016/01/26

自己防衛をしてコレステロール値を上げている?

2015/9/12
前回の記事の続きなのですが、医師が判断に迷いがある時、
あなたならどうゆう決断をするのでしょう?

事情が少しだけ複雑なので分かりづらいですけど、
本来コレステロール値が下がるはずが逆に増えてしまったこと。
メタボリックシンドロームは万病の素とも言われていて、その肥満を解消したら逆の結果になってしまったこと。
体重を減らしてコレステロール値が上がる事は無いというのが常識で先生も「こんな症例は前例がない」と、
推測では「急なダイエットで体が自己防衛をしてコレステロール値を上げている可能性がある」との事。でした。

ここで疑問が生じてしまいます。
体が自己防衛しているのに薬で下げるという発想は逆に危険なのではないでしょうか?
2・3ヶ月したら体も落ち着いてコレステロール値を下げるのではないでしょうか?

全力疾走して血圧が急上昇したら、、、
その時、血圧を下げる薬が必要なのでしょうか?

先生が、とりあえず「コレステロールの下げる薬を処方しときます」と言ったんです。

医師はガイドラインに沿った治療をするのでコレステロール値が高ければ下げる薬を処方しなければいけないのでしょうか?

その時は色んな考えが浮かばず「わかりました」と答えてしまいました。
後になって疑問が出てきた時はどうすればいいんでしょうか???
薬が本当に必要なのでしょうか?

まあ、どっちにしても、先生にとっては、面倒くさい患者なんだろうな〜〜〜と思います。
薬を飲むか飲まないかは、飲まないことに決めました。
今回は納得できる結果になってから薬を飲むことにしたんです。
次の血液検査の結果で判断することにしました。